後藤達也のYoutubeが人気?口コミ評判を分析し徹底検証

目次

 

元日経新聞社のエース記者で、現在はSNSフォロワー数68万人を超える、人気投資系インフルエンサーの『後藤達也』氏について今回は取り上げていきたいと思います。

後藤達也氏は、「わかりやすく、おもしろく、偏りなく」を掲げ、Youtubeを始めとする発信媒体でフリーの経済ジャーナリストとして活動を行っている人物です。

 

一時期は、Twitter(X)のフォロワー数ランキングで、個人投資家部門で資産280億円の「cis」氏やカリスマと言われる投資家の「テスタ」氏をも凌いでいましたが、現在は株探プレミアムなどの広告動画で知名度を上げたのかテスタ氏が80.1万人と勢いを増しています。

それではまず、分析結果から見ていきたいと思います。

 

後藤達也の分析結果
  • 後藤達也の活動拠点はTwitter(X)
  • 後藤達也は日経新聞社を退社後、フリーランスとして活動
  • 後藤達也のYoutubeはフォロワーに総じて人気がある
  • 後藤達也に対する悪評も極わずかにある

 

このような結論に至りました。

後藤達也氏は、日本経済新聞社に在籍していた頃は、経済・為替・金融政策・日銀・財務省をメインに取材し記事を書いていたそうですが、2022年3月に退職し本格的にフリーのジャーナリストとしての活動を開始しました。

 

2000年から2003年にかけては、日本経済新聞社に務めながらも日本株を取引していましたが、中立の立場で記事を書くために株の売買は一時辞め、2022年5月に再びトレーダーとしても活動を再開したとのことです。

 

おしえて先生
おしえて先生
後藤達也さんの口コミや評判を基に色々と調査してみたので、良かったら最後まで見ていただければと思います。

 

ちなみに…
信頼できる高評価サイトを知りたい」「もう少し様子を見てから利用を考えたいという方はこちらをご参考ください。

併用に便利な単発契約ができる株サイトをご案内しています。安定してしっかりと利益を得たい方におススメです。

ぜひ一度覗いてみてください。

 

後藤達也のプロフィール・経歴

 

後藤達也氏は、2004年から18年間、日本経済新聞の記者として金融市場、金融政策、日本銀行、財務省、企業財務などの取材を担当していた人物です。

2022年からフリージャーナリストとして、SNSやテレビなどで経済情報を発信していますが、2020年5月に開始したTwitter(X)はたったの4カ月でフォロワー数2万5000人オーバーと注目を集めました。

 

ちなみに、後藤達也氏はメインのTwitter(X)の他に、有料note(ブログ)やYoutube【後藤達也・経済チャンネル】にて不定期に動画更新を行っています。

 

後藤達也(@goto_finance)公式X

(332 フォロー中、68.7万 フォロワー)

 

後藤達也の経歴・学歴

 

2022年からフリージャーナリストとして、SNSやテレビなどで経済情報を発信。Twitterのフォロワーは23万人、YouTubeの登録者数は7万人。2004~2022年に日本経済新聞の記者として、金融市場、金融政策、財務省、企業財務などの取材を担当。2016~17年にコロンビア大学ビジネススクール客員研究員。2019~21年にニューヨーク特派員。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。学生時代に株式取引を経験したほか、独立後の2022年に株式取引を再開。

引用:マネックス証券

 

 

後藤達也氏は、1980年生まれで今年で44歳となりますが、詳しい生年月日や出身大学、高校などはネット上では明かしていません。

一部の評判サイトの情報によると、「街録」というYoutubeチャンネルで東京の大学だったとは話しており、国内でも優秀な早慶・上智大学クラスの学校だった可能性が高いとの事です。

 

また、家族構成については、一般女性の妻に娘が一人(2024年現在)いるそうです。

ちなみに、上記の経歴にもありますが、2004年に日経新聞社に入社した後、日本経済研究センターに出向したり、米コロンビア大学ビジネススクールの客員研究員に抜擢されたりとエリート街道まっしぐらだったと言います。

 

おしえて先生
おしえて先生
後藤達也さんのSNSのフォロワー数を見れば、かなりの知名度がある人物なのは一目瞭然ですが、彼のこれまで歩んできた経歴そのものにフリーとなった今、期待する声は非常に多いと言えます。

 

後藤達也が日本経済新聞の記者を辞めた理由

 

後藤達也氏が、日本経済新聞という大手企業を辞めた理由は、上記の動画でも簡潔に説明されており、若い世代を中心に情報収集の姿が激変している事に対し、時間や行動の拘束や制限が無いフリーランスという仕事姿を取ろうと考えたのが切っ掛けだったそうです。

 

その背景には、新聞社に対するシビアな見解もあったと言いますが、円満な退社だったとのことで結果的に納得の行く独立の道となったようですね。

ちなみに、後藤達也氏のTwitter(X)でも退職理由が述べられており、

 

これからの経済情報発信には試行錯誤が不可欠
しかし新聞記者の責務を背負いながらではリソースが足りない
よって自由な身で縦横無尽にフロンティアへ挑めるよう日経を離れる

 

内容は似ていますが、決して日経新聞社の業務内容に不満があったなどでは無く、新たなことへの挑戦の為に同社を離れる決断をしたとのことでした。

 

おしえて先生
おしえて先生
日経新聞社に在籍していた当時よりも、現在のフリーランスに活動する後藤達也さんの方が知名度も大幅に上昇しましたね。

 

後藤達也が行っているサービスとは?

後藤達也のYoutubeが人気?

 

後藤達也氏は、日本経済新聞を退職した後に、『後藤達也・経済チャンネル』という自身のYoutubeチャンネルを開設しています。

 

チャンネル名 後藤達也・経済チャンネル
チャンネル登録者数 27.9万人
チャンネル登録日 2022/03/06 に登録
視聴回数 8,541,910 回視聴

 

上記のYoutubeチャンネルでは、、経済や投資になじみのない方でも「わかりやすく、おもしろく」偏りのない、旬な情報発信を目指し配信を行っているそうです。

後藤達也氏といえば、元記者ということもあり相手にどのように話せば伝わるか、いわばそういった類のプロであり、Youtubeで度々出てくる図解画像などはSNSでも「とても分かりやすい」「初心者でも理解出来た」などかなり好評です。

 

おしえて先生
おしえて先生
後藤達也さんのYoutubeは、チャンネル登録者数が27.9万人いてコメントも多くかなり人気なのは言わずとも分かるかと思います。しかし、動画は不定期更新となるので、気になる方はチャンネル登録しておいた方がいいかもしれません。

 

後藤達也のnoteの反響は?

 

後藤達也氏は、2022年7月頃からnoteにて有料(月額500円)のメンバーシップ会員を募集しています。

現在、会員は28,879名も参加しており、メンバーになることで以下の内容が閲覧可能となるようです。

 

メンバーシップ会員【ベーシックプラン】 ・月10~20本の経済・投資記事を読み放題
・「掲示板」でショートコメントや経済雑談を随時更新
・マガジン「資産形成の知恵」
・マガジン「ニューストーク」
・マガジン「そもそも経済」

引用:後藤達也note

 

また、上記の他にもベーシックプランの登録者のみが会員となれる「コアメンバープラン(月額980円)」というものがあります。

この上位プランでは、後藤達也氏や他の会員と共に掲示板やオンラインミーティングで交流・議論し、金融リテラシーを高める事をを目的としているそうです。

 

ただ、会員が予想外に増えすぎてしまったせいか、メンバー一人一人に対するコミュニケーションが疎かになってしまうという理由から、コアメンバーの募集は一旦停止しているようです。

 

おしえて先生
おしえて先生
後藤達也さんのnoteの会員数×500円で単純計算してみると、毎月1450万円程の利益が出ているものと思われます。この数字を見る限り、かなり人気があると言っても過言じゃないですね。

 

後藤達也のVoicyは現在放置中?

 

後藤達也氏は、2022年5月1日から「Voicy」とラジオ音声プラットフォームでの声配信も行っているようです。

 

引用:後藤達也ラジオ(Voicy)

 

Voicyでは活動の裏にある思いやこぼれ話、自分自身の投資の話などを語っていこうかと思っています。が、あまりカチッとルールを固めず、ゆるりとやっていきますとのこと。

しかし、2023年度は結構頻繁に行っていた配信も、現在に至っては2024年1月11日で更新はストップしている状況となっています。

 

おしえて先生
おしえて先生
後藤達也さんのVoicyでは、自身の投資話をするとの事でかなり興味があります。ちなみに、無料会員でも視聴することが可能なので、今後の更新に期待したいところですね。

 

後藤達也には悪評はあるのか?

 

後藤達也氏は、メディアへの露出も多く、今となっては投資界隈ではかなりの有名人ですが、ネットで口コミを調べても好評するコメントばかりで、悪い口コミというものがほとんどありません。

そこで、良い評判は見飽きていると思うので、逆に悪い評判をネットで集めてみました。

 

後藤達也に対する悪評

 

ネットの声
ネットの声
記者がマーケットのこと語ってるのはさすがに笑うしかない。有料noteも含めて、ある程度の経験者は陰で笑ってます、ただ金集めたいだけじゃねえかと。有り難がっているのはトレード初心者で、何もわかってないんでしょう、かわいそうに。

ネットの声
ネットの声
後藤信者だらけで辟易。知識のない一般人にはあれがそんなに凄い存在に見えるのか。アベノミクスでの賃金上昇を諸外国との上昇率比較で評価したりと、はっきり言ってマクロ経済学の理解が乏しいのではと感じることが少なくない。原田泰さんと比べれば理解力は一目瞭然で原田さんに軍配。

ネットの声
ネットの声
「転換の時代を生き抜く投資の教科書 」という後藤達也さんの書籍ですが、ほとんど投資についての具体的な知見はなく、要約すれば3分で済む程度の社会常識レベルの内容でしかなかったです。

 

後藤達也氏といえば、「日経新聞の元記者」という印象が強いですが、ネットで出てきた悪評によると記者がマーケットを語っているまとめるのが上手いだけの自称エコノミストといった内容がいくつかあるようです。

 

もっとも、彼自身は投資家個人に対するアドバイスを行っているわけでなく、あくまでも市場全体の様子を伺っている見解がほとんどなので、具体的なアドバイスが欲しいという方にとっては物足りなさもあるでしょう。

 

後藤達也のYoutubeが人気?検証まとめ

 

今回は、元日経新聞社のエース記者で、現在はフリーの経済ジャーナリストとしてかなり知名度の高い『後藤達也』氏についての検証を行いました。

後藤達也氏は、Twitter(X)を始めとするSNSが活動拠点としており、その他にもYoutube、note(ブログ)、Voicyと様々な発信媒体で個人投資家に向けて有益となる情報を発信している人物です。

 

フリーランスとなってからも、日経新聞社にいた頃同様に中立的な立場で物事を判断し、分かりやすい解説+図解は、その情報を知りたい人にとっては満足のいくもので人気の理由のひとつなのかもしれません。

 

おしえて先生
おしえて先生
たった数年でSNSフォロワーを数十万人集めてしまう力量にも目を見張るものがあると言えます。投資成果こそは公開されてませんが、記者として培ったまとめる力は引退後もプロと変わらぬ実力と言えますね。

 

そして、今回の検証の結論を述べると、後藤達也氏の発信する投資に役立つ情報や市場概況は、いかなる個人投資家であっても活用次第で十分トレードに反映出来るものでした。

よって、無料で視聴可能なYoutubeが人気な理由は、納得が出来るものと当サイトでは判断しました。

 

ちなみに…

評判がいい株情報サイトを探している方へ、信頼性が高いと判断した優良株サイトの調査記事があります。口コミ評価も高く、信頼性の高いしっかりとした優良なサイトなので安定した利益を得たいという方にはこちらの投資顧問が圧倒的におススメです。

ぜひ一度覗いてみてください。

 

 

後藤達也の口コミ・評判

Rated 2 out of 5
2024年6月12日

後藤達也さんの利上げ予想は見事外れ。
所詮は、ただの日経記者ってことなのかな

Avatar for はいぞう
はいぞう
Rated 3 out of 5
2024年6月11日

Youtubeを結構好きで一時期見ていました。だけど、最近は全く更新されていないですね。Xのポストに専念しているのかどこか残念です。

Avatar for 泰三
泰三

後藤達也の口コミの投稿はこちら

 

後藤達也の会社概要・口コミ評価

サイト名 後藤達也
サイトURL https://x.com/goto_finance
運営会社名 不明
所在地 不明
代表取締役 不明
電話番号 不明
Eメールアドレス
口コミ評価 検証中
コメントを残す

関連キーワード